雛人形、五月人形、破魔弓に篭められた願いと由来について

雛人形の飾り方

hinaningyou

女の子の節句とされる三月三日の桃の節句には、雛人形を飾り幸福と健康を祈ることになっている。
雛人形は、地方によって様々な飾り方となるが、一般的には、上段に男びなと女びな、二段目は三人官女、三段目には五人囃子、四段目には右大臣、左大臣、五段目には衛士三人を並べる。六段目、七段目には、茶道具や鏡台、針箱などの嫁入り道具一式を並べる。段の数は基本的には七段か五段となっており、それ以外の段数でも奇数にすることになっているのである。
桃の花や菜の花、白酒、ひなあられ、ひし餅などを供えることになっている。

雛人形の効果

雛人形は女の子がいる家庭では3月3日には飾って子供の健やかな成長を祈る日本独自の行事である。それを飾ることで日本人形の美しさを知らず知らずのうちに子供に伝承していくのである。
普段呼んでいる漫画とは違った顔形であるが、親に聞くことで日本という国の昔の姿を伝承するのである。
女の子は概して人形が好きであるが、飾られる雛人形のそれぞれの人形が担当している役割などを歌とともに理解したり覚えたりするのである。そして終わった後はお嫁に行きそびれないようにという、これも親の伝承行為として早くしまうのである。

雛人形の歴史

child

平安時代においては、紙で作った人形を川へ流すという「流し雛」が行われていた。江戸時代には女子の「人形遊び」と「節句の儀式」が結びついて、現代のように人形が飾られるようになった。
また、五人囃子や三人官女等の添え人形が考案されたのは幕末のころである。その後、従者の人形たちや小道具、御殿、壇飾りなど、雛飾りのセットは次々と増えていき、現代の雛人形の形となった。
江戸時代から、雛人形は持ち主の女の子と一生の災厄の身代わりとなるとされている。

ニュース

2014/06/06
破魔弓の由来を更新しました
2014/06/06
五月人形の飾り方を更新しました